優秀映画鑑賞推進事業とは、広く国民の皆様に優れた映画を鑑賞していただくとともに、映画保存への理解を深めていただくことを目的に、文化庁別ウィンドウへ移動します。国立映画アーカイブ別ウィンドウへ移動します。が、日本各地の文化施設と連携・協力して、所蔵映画フィルムを全国の会場で巡回上映させる事業で、平成元年度から実施しております。

35mmフィルム上映のための機材・映写に関する情報は、「Fシネマップ」/運営:コミュニティシネマセンター別ウィンドウへ移動します。までお問い合わせください。

事業の詳細につきましては、当ホームページをご覧いただくか、株式会社オーエムシー別ウィンドウへ移動します。までお問い合わせください。

令和元年度

国立映画アーカイブでは、広く国民の皆様に優れた日本映画を鑑賞していただくとともに、映画保存への理解を深めていただくことを目的に、平成元年度から「優秀映画鑑賞推進事業」を実施しております。

本事業では、昭和11年から平成5年にかけて製作された日本映画の中から、映画史を代表する作品や多くの国民より好評を得た作品を選んで、国立映画アーカイブ所蔵の35mmフィルムにて、全国各地で上映いたします。

現在では稀少なフィルム上映によるスクリーンでの鑑賞体験を通して、皆様に、映像芸術の原点となる映画と映画文化の素晴らしさをご理解いただき、本事業が地域における上映活動や文化活動を活性化させる一助となることを期待しております。

令和元年度優秀映画鑑賞推進事業 鑑賞の手引
※クリックされますと拡大表示します。
※平成30年度版はこちら

ご鑑賞いただきました方には、左に掲載の「鑑賞の手引」を無料でお配りしています。

  • ※数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。
  • ※独自のチラシをお配りしている会場もあります。詳細は各会場へお問い合わせください。

令和元年度(2019年度) ~各文化施設ご担当者様へ~

▲このページの先頭へ