株式会社オーエムシー

ミッションミッションミッション

進化し続けるテクノロジー

あらゆるモノがインターネットに繋がるIoT(Internet of Things)、人工知能(AI)の発展、そしてビッグデータが近年のテクノロジーとして注目されております。

周知の通りこれら新技術の台頭による新たな価値の創出の時代が到来を迎えております。

我々はこのような急速に進化する時代のニーズに回り込み、課題解決を実現します。

情報バリアフリーの必要性

現在日本は過去に類をみない超高齢社会の到来にて公共施設や医療機関のバリアフリー化に伴いホームページ等情報のバリアフリー化もまた必須の時代となっております。 これに伴い国際規格ISO/IEC40500:2012を踏襲した形で改訂されたJIS X8341-3:2016への準拠がますます重要となっております。 また2016年4月1日に施行した障害者差別解消法においてウェブアクセシビリティは、合理的配慮を的確に行うための環境の整備と位置づけられております。

我々は文字情報を音声に変換する等デジタルコンテンツの利便性を最大限活かしたJIS X8341-3:2016に準拠したアクセシビリティの高いホームページを構築することで情報のバリアフリー化にて高齢者・障害者含め老若男女誰にでもやさしいホームページの構築を専門分野としております。

アクセシビリティサイトというとテキストばかりで視覚的におもしろみの無いサイトといった印象を与えてしまうかもしれません。 しかし我々の目指すWEBサイトは最新の技術の積極的な導入とアクセシビリティという矛盾した二者共存の究極を常に突き詰めて限界に挑戦しております。

バックエンドのバリアフリーな設計と、フロントエンドの美的ユーザビリティ効果やアイキャッチ効果、色の効果的利用によるカラーユニバーサルデザイン等ビジュアルグラフィックの可能性を追求します。

コミュニケーションデザインとビジネスマインド

我々が目指すウェブサイト構築は情報発信者側の目的と情報受信者側のニーズを一致させることによるコミュニケーションの実現。
情報発信者であるクライアントの満足はもちろん、クライアントのお客様である情報受信者側の満足を成果物として納品いたします。

クライアントが発信したい情報とクライアントのお客様とのコミュニケーションをデザインする、というビジネスマインドを我々は常に意識しております。

世界水準における日本のデザイナーの社会的地位向上を目指して

市場の自由化によるグローバルな競争力を問われる時代において、「世界最先端IT国家創造宣言(2014年(平成26年)6月24日閣議決定)」により、国民一人ひとりがITの恩恵を実感できる世界最高水準のIT国家となるために必要となる政府の取組に対して専門性を活かした技術支援にて「ものづくり大国日本」の復活を目指して行きたいと考えております。

日本のICT社会をリードすること、そしてイノベーションを実現できる世界に通用する技術者の創出が鍵を握る中、日本のデザイナーやエンジニアの社会的地位向上を実現すべく、常に歩みを止めず前進してまいります。

急速に変化する社会情勢の中、ITそしてデザインの力で社会問題解決の一助となる、そのような存在であり続けたいと考えております。

IT事業本部 課長
1級ウェブデザイン技能士
藤木 俊平

ページ上部へ