▶English

大学教育の成果をどう測るか:全国卒業生調査の国際的動向

開催概要
日時
平成29年12月12日(火) 13:30~18:00(受付開始 13:00~)
会場
文部科学省 講堂
〒100-8959 東京都千代田区霞が関3丁目2番2号(▶地図)
定員/参加費
400名(事前登録制)/無料
主催
国立教育政策研究所
プログラム(日英同時通訳付き)
趣旨説明
国立教育政策研究所 高等教育研究部総括研究官 濱中 義隆
講演1:「米国学卒者の教育達成と進路に関する調査」
米国国立科学財団 国立科学工学統計センター副センター長 Emilda B. Rivers
講演2:「卒業生のアウトカム:英国の学卒者の進路を追跡する」
英国高等教育統計機構 データ・ポリシー管理部マネジャー Rachel Hewitt
講演3:「大学教育の成果を高めるために教育・労働市場データを活用する」
韓国職業能力開発院 自由学期・進路体験支援センターセンター員(副研究委員) チュ・フィジョン
講演4:「職業的アウトカムから見た大学教育の質保証―実証研究のためのデータ蓄積の必要性―」
東京大学 大学院教育学研究科教授 本田 由紀
パネルディスカッション
モデレーター(国立教育政策研究所 高等教育研究部長)
パネリスト
 
 
 
 
深堀 聰子
Emilda B. Rivers
Rachel Hewitt
チュ・フィジョン
本田 由紀
濱中 義隆
※シンポジウム終了後、会費制(3,000円を予定)によるレセプションを予定しております。

クリックするとチラシが表示されます(1078KB)

たくさんのお申込みありがとうございました。
定員に達したため参加申込みを締め切らせていただきました。


ご提出いただいた個人情報の取扱いにつきましては、以下のとおり細心の注意を払います。
1.利用目的は以下に限ります。
  1) 申し込まれた方の人数把握のため
  2) 申込多数の場合の先着に漏れた方への連絡のため
  3) イベント中止のお知らせ等、主催者から申し込まれた方への連絡を行うため
2.適切・慎重に管理し、紛失・漏えい等の危険防止のため、適切かつ合理的な保護措置を行います。
※当日は、報道機関の取材でカメラ撮影が行われる場合があり、参加者の姿を含む写真や映像などが報道される可能性があります。
※主催者等のホームページや広報資料等に、参加者の姿などを含むシンポジウムの動画・写真等を使用させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

<お問合せ先>
「平成29年度教育改革国際シンポジウム」申込事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル8階 株式会社オーエムシー内
担当:毛利、鈴木、徳丸(受付時間 9:30 - 17:30 土日・祝日を除く)
TEL:03-5362-0117 FAX:03-5362-0121
E-mail:nier2017sympo@omc.co.jp
※このウェブサイトは国立教育政策研究所の委託を受け、株式会社オーエムシーが運営しています。