※動画は消費者庁ウェブサイトでも御覧になれます(PC版のみ)

平成30年度 消費者月間シンポジウム
日時:平成30年5月28日(月) 14:00~18:00(13:00受付開始)
会場:イイノホール&カンファレンスセンター 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1−1 飯野ビルディング
参加費:無料 定員:300名(先着順・事前登録制)
主催:消費者庁

沢山のお申込みありがとうございました。
シンポジウムの事前申し込みは締め切らせて頂きました。
シンポジウム参加をご希望の方は当日、直接会場のイイノホールまでお越しください。

プログラム
第一部 講演 「新しいモノサシ・SDGsで考えよう」
国谷裕子 国連食糧農業機関(FAO) 親善大使
国谷裕子
パネルディスカッション
「SDGsの達成に向けた消費者政策のあり方とステークホルダーの役割(仮)」
  1. パネリスト)
    1. 市川アダム博康
      SOMPOホールディングス株式会社 兼
      損害保険ジャパン日本興亜株式会社CSR室リーダー
    2. 河野康子
      NPO法人消費者スマイル基金事務局長
      一般社団法人全国消費者団体連絡会前事務局長
    3. 松本尚司
      静岡県浜松市くらしのセンター所長
  2. コーディネーター)
    1. カライスコス アントニオス 京都大学准教授
消費者庁からの報告
「子どもの事故防止の効果的な対策とは-徳島での調査から見えてきたもの-」
坂本有芳 鳴門教育大学大学院生活・健康系コース(家庭)准教授
     消費者庁消費者行政新未来創造オフィス客員主任研究官
第二部 消費者支援功労者被表彰者等の紹介 他

※プログラム内容・講演者については変更となる場合があります。

▲ページ上部に戻る

消費者ってだれ?

全ての人は、生まれてから一生を通じ、消費者であり続けます。1日の出来事を思い出してみてください。食事をしたり習い事をしたり、ショッピングやレジャーを楽しんだりします。これらの活動は、商品を購入したりサービスを利用したりしているという意味で、「消費」活動です。他方、商品やサービスを提供するのは「事業者」ですが、普段は事業者として活動している人も、消費活動を行っているときには消費者としてとらえられます。例えば、消費者に事業者として肉を販売している肉屋の御主人も、仕事の合間に近所の魚屋で魚を買うときには、消費者として活動していることになります。

▲ページ上部に戻る

消費者庁って?

2000年代後半に相次いで発生した、中国製冷凍ギョウザ事件やエレベーター事故、食品表示偽装問題や高齢者等を狙った悪質商法の横行などは、皆さんの記憶にもまだ新しいのではないでしょうか。これらの問題は、日々の生活を営む私たち誰にとっても身近であり、深刻な消費者問題です。こうした問題が発生した背景には、明治以来、日本の行政において、各府省庁がそれぞれの領域で事業者を保護育成することで経済の発展を図ってきたことなどが挙げられます。産業振興中心のこの仕組みは、戦後の日本の急速な経済発展を後押ししましたが、消費者保護はあくまで派生的テーマとして、しかも各府省庁間縦割りで行われてきました。しかし、グローバル化、複雑化した現代社会では、消費者問題は複雑化し、複数の省庁にまたがる事案も数多く発生するなど、これまでの行政では適切に対処することが困難な状況でした。こうした社会状況の変化を踏まえ、事業者優先から国民一人一人の立場に立った消費者行政への転換が必要となり、2009年に消費者庁が発足しました。消費者が主役となって、安全で安心して豊かに暮らすことができる社会の実現に向け、様々な役割を担っています。
※詳しくはこちらをご覧ください。

▲ページ上部に戻る

SDGsってなに?

持続可能な開発目標(SDGs)は2015年9月に国連の「持続可能な開発サミット」で採択された、2030年までの国際目標です。SDGsでは、17の持続可能な開発目標を達成することにより「誰一人取り残されない」社会の実現に向けて、途上国のみならず先進国も実施に取り組むものになっています。日本では国内外の取組を府省横断的に総括し、優先課題を特定した上で「SDGs実施指針」を策定するとともに、2016年5月に内閣総理大臣を本部長とする推進本部を設置しました。消費者庁においても、SDGsの達成に貢献しうる施策として以下の施策に取り組んでいます。
※17の目標のうち、主に該当するものを< >内に示しています。
  1. エシカル消費普及・啓発活動 <主に 目標12>
  2. 子どもの事故防止 <主に 目標3>
  3. 食品ロス削減 <主に 目標12>
  4. 高齢消費者・障害消費者見守りネットワーク協議会 <主に 目標1>
  5. 消費者志向経営の推進 <主に 目標12>
  6. 公益通報者保護制度 <主に 目標8・12>

「SDGs」について詳しくは
持続可能な開発目標(SDGs)とは(国際連合広報センター)
SDGs(持続可能な開発目標)持続可能な開発のための2030アジェンダ(外務省)

▲ページ上部に戻る

全国の消費者月間
4月25日(水)~6月29日(金) 山口県 「消費者啓発の標語」を募集します!
5月1日(火)~5月16日(水) 山形県 全国消費者月間啓発パネル展示
5月10(木)・16日(水)・18日(金)
・22日(火)
松戸市(千葉県) 消費者月間教室受講者募集
5月11日(金)~5月22日(火) 福井県 消費者月間イベント「消費生活展」
5月12日(土) 勝山市(福井県) 「勝山市 消費者まつり」を開催
5月13日(日) 佐賀県 「消費者月間」県内一斉啓発キャンペーンを実施
5月14日(月)・21日(木)・29日(火) 長崎県 「消費者月間」啓発街頭キャンペーン
5月16日(水)・30日(水) 姫路市(兵庫県) 平成30年度「消費者月間」イベントのお知らせ
5月17日(木) 木更津市
(千葉県)
ランチタイムイベント「めざせ!スマイル生活」 
~住み慣れた地域で安心して暮らすために~
5月19日(土) 京都府 消費者保護基本法制定50周年記念シンポジウム
~すべてはここから始まった~
5月19日(土) 相模原市
(神奈川県)
消費者月間記念講演会 笑って撃退! 悪質商法防止落語&
商品テスト施設見学会
5月19日(土) 山形市 消費者月間記念講演会『若者の消費者トラブル対処法』を開催
5月21日(月) 岡山市 消費者月間記念イベント「消費者のつどい~目からウロコ☆の洗濯術♪~」
5月22日(火)・23日(水) 青森県 街頭キャンペーン・平成30年度第1回消費生活大学講座を開催
5月22日(火) 堺市(大阪府) 堺市消費者月間講演会『くらしにひそむ製品事故 
~製品の安全な使い方~』
5月24日(木) 群馬県 消費者月間講演会「消費者トラブルに気をつけて!うまい話にご用心」
5月23日(水) 岩手県 消費者110番を開催します!
5月26日(土) 福井県 「いきいき消費者フォーラム in 2018」
5月25日(金) 大仙市(秋田県) 大仙市消費者講演会~思いやりを行動で示す「エシカル消費」~
5月28日(月) 羽曳野市
(大阪府)
羽曳野市消費者セミナーを開催「親が知る!子どものスマホ・ネット教室」
5月30日(水) 北海道 悪質商法・特殊詐欺 被害防止キャンペーン
5月31日(木) 長野県 消費者月間記念講演会「私たちの選択が未来を変える
~エシカル消費のすすめ~」
5月31日(木) 湯沢市(秋田県) 湯沢市消費者講演会「 健康長寿と生活設計
~人生100年時代の安心プラン~ 」

▲ページ上部に戻る


消費者ホットラインは、お住まいの地域の市区町村の消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内いたします。


【例えば下記のようなトラブルで困った時はご相談ください】

  1. 悪質商法による被害、訪問販売・通信販売等による事業者とのトラブル
  2. 産地の偽装、虚偽の広告など不適切な表示に関する事業者とのトラブル
  3. 安全性を欠く製品やエステティックサービスによる身体への被害 など

▲ページ上部に戻る



お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、自動送信メールが届かない場合があります。
メール受信のため、事前に「omc.co.jp」ドメインからのメールを受信できるように設定してください。
お問い合わせ頂く前に、念のため自動返信メールが「迷惑メールフォルダー」等に振り分けされていないことをご確認下さい。


【免責事項】

  1. 株式会社オーエムシーでは、当ウェブサイトの運営について細心の注意を払っておりますが、内容の最新性、正確性、安全性について保証するものではありません。
  2. 当ウェブサイトの利用により発生したいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  3. 当ウェブサイトは予告なしに内容の変更や、運営の中断または中止を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。
  4. 当ウェブサイトにリンクしている他のいかなるウェブサイトの内容にも一切責任を負いません。

<お申込み・お問い合わせ先>
平成30年度消費者月間シンポジウム運営事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル8階 株式会社オーエムシー内 担当:朱雀、毛利
TEL:03-5362-0117 (受付時間:月~金、 9:30~18:00) FAX:03-5362-0121
E-mail:gekkan2018@omc.co.jp
※本ウェブサイトの管理・運営は消費者庁の委託を受け株式会社オーエムシーが行っています。
プライバシーポリシー