大当り三色娘

大当り三色娘

1957年 東宝
カラー/シネマスコープ/モノラル/94分

解説

『ジャンケン娘』(1955)、『ロマンス娘』(1956)に続く、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの三人共演によるミュージカル。冒頭で、雪村が赤、江利が黄、美空が青の皿を手にして紹介があり、題名も「三(青)」「色(黄)」「娘(赤)」と色分けされる。原作は戦前から劇作家として活躍していた中野実。監督は時代劇、喜劇、若大将シリーズを含む現代劇など幅広いジャンルで東宝作品を支えた杉江敏男。日本の女性映画美術監督を代表する村木忍は、『君も出世ができる』を含むミュージカル映画でも名高い。女中をしている三人娘がめでたく三人の男性と結ばれる物語が、邦楽と洋楽、日本舞踊とダンス、着物と洋装を交えて描かれ、「狸御殿」シリーズとハリウッドミュージカル映画が融合したような、東宝スコープ第1回のシネマスコープサイズを生かした、カラフルで陽気な作品。

スタッフ

原作
中野実
脚本
井手俊郎
監督
杉江敏男
製作
杉原貞雄
撮影
完倉泰一
照明
金子光男
録音
渡会伸
音楽
神津善行
美術
村木忍

出演者

根室エリ子
美空ひばり
小林トミ子
江利チエミ
楠ミチオ
雪村いづみ
京須肇
宝田明
吉岡進一
山田真二
松井宏
江原達怡
岡田真太郎
御橋公
岡田浜子
英百合子
岡田妙子
若山セツ子
板倉章太
若原雅夫
板倉英子
草笛光子