貸間あり

貸間あり

1959年 宝塚映画
白黒/シネマスコープ/モノラル/112分

解説

45歳で世を去った川島雄三監督が晩年に籍を置いた東京映画時代の代表作であり、喜劇映画作家としての稀有な才能を存分に発揮した快作でもある。井伏鱒二の原作を、当時駆け出しのシナリオライターであった藤本義一と川島が奔放に脚色。遥か通天閣を見渡す大阪・天王の夕陽ヶ丘に立つ風変わりなアパートに暮らす、奇妙な住人たちの生態を、下品さと紙一重の人間臭い猥雑さのなかに描いている。何につけても器用で人から頼まれたら断れない性格、そのくせ素直になることを恥じて逃避してしまうフランキー堺演じるインテリの主人公は、まさに川島監督の自画像と言えるだろう。熟練のバイプレーヤーたちが、怒涛のように畳み掛けるアンサンブルも圧巻。この時代、川島監督とのコンビが多かった名手・岡崎宏三のキャメラが、破天荒なドラマを端正な画面のなかに収めている。

スタッフ

原作
井伏鱒二
脚本
藤本義一
脚本・監督
川島雄三
製作
滝村和男
撮影
岡崎宏三
照明
下村一夫
録音
鴛海晄次
音楽
眞鍋理一郎
美術
小島基司

出演者

五郎
フランキー堺
ユミ子
淡島千景
お千代
乙羽信子
おミノ
浪花千栄子
ヤスヨ
清川虹子
洋さん
桂小金治