Wの悲劇

Wの悲劇

1984年 角川春樹事務所
カラー/ビスタ/モノラル/109分

解説

デビュー作『野性の証明』(1978、佐藤純彌監督)で13歳にして一躍トップアイドルになった薬師丸ひろ子の、大人の女優への新境地を開き、その年の映画賞を多数受賞した澤井信一郎監督の代表作。劇団の若い研究生が、看板女優のスキャンダルの身代わりを引き受けたことから、舞台「Wの悲劇」の主役の座を得、公私ともに女優へと変貌していく物語。夏樹静子の原作を劇中劇にし、薬師丸とヒロイン、ヒロインが演じる劇中劇の少女の三者を重層化した脚本の妙と、感情の微妙な動きまで熟視した長回し、看板女優を演じた三田佳子の存在感、蜷川幸雄をはじめ多数の演劇人や芸能レポーターの梨元勝らの登場など、虚構とリアリティを融合させた濃密な演出が高く評価された。薬師丸ひろ子が歌う主題歌も大ヒットした。

スタッフ

原作
夏樹静子
脚本
荒井晴彦
脚本・監督
澤井信一郎
製作
角川春樹
撮影
仙元誠三
照明
渡辺三雄
録音
橋本文雄
音楽
久石譲
美術
桑名忠之

出演者

三田静香
薬師丸ひろ子
森口昭夫
世良公則
羽鳥翔
三田佳子
五代淳
三田村邦彦
安部幸雄
蜷川幸雄
堂原良造
仲谷昇
菊地かおり
高木美保
嶺田秀夫
清水紘治
安恵千恵子
南美江
木内嘉一
草薙幸二郎