OMC IT事業部
過去の納入事例を基に自社の特定専門領域でのビジネス拡大がはかれないか
納入事例はさらなる営業推進ツールの切り札です。
納入事例を単なる納入実績の表示としてのみ捕らえるのではなく、大きな営業推進ツールとして、ターゲットとなる市場への深耕化推進の切り札として活用される事をご提案します。
 
納入事例への詳細取材を中核としたプロモーションシステムの構築
■構築の目的
  • 納入先への取材によるターゲット市場特性、納入先の導入動機・期待、導入後のメリット等の把握
  • セグメントされた市場(業種・業態・部門)の特性に応じた顧客主導型ソリューション提案の実現
  • 納入商材を軸とした周辺商材、新製品等のソリューション提案の実現
■構築の狙い
  • 顧客満足度向上による顧客の囲い込み
  • トータルソリューション提案による他社との差別化と継続顧客の獲得
  • 事例・商材のパターン化、情報の共有化による営業効率の向上と営業レベルの平準化
■構築手法
  • 素材のデジタル化・共有化をベースにしたイントラネット、関連会社ネットワーク、ホームページ、印刷物、媒体等への多目的使用の実現
  • 情報のコミュニケーションターゲット(社内、流通、顧客)に即した情報の加工
  • 商品、納入事例、顧客等営業情報の一元管理
Copyright(C)2001 OMC.incorporated.All Rights Reserved.