銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

1985年
朝日新聞社=テレビ朝日=日本ヘラルド映画グループ
カラー ビスタ モノラル 107分

解説

宮澤賢治の代表作である童話のアニメーション映画化だが、主な登場人物を猫に仕立てたますむら・ひろしの異色漫画を原案に、脚本に演劇界の巨人・別役実、音楽にYMO解散後の細野晴臣を迎え、『ジャックと豆の木』(1974)などを手掛けてきた杉井ギサブローが演出を務め、一年半の製作期間をかけて完成させた、1980年代日本アニメーション映画の金字塔。文選工として働くジョバンニは、星祭りの夜、無二の友人カンパネルラと共に、機関車に乗って星空へと旅立つ。多くの乗客との出会いと別れを通して、母一人子一人で育ってきた少年は自らの孤独と向き合い、生き続ける意味を確かめることになる。公開当時、「十年もたつとこれは名作としての生命をよみがえらす」と述べた映画評論家・淀川長治を初め、多くの映画人から絶賛され、読者選出による「キネマ旬報」ベストテンでも第7位に選ばれている。常田富士男による最後の朗読は、宮澤賢治の詩「春と修羅」の序である。

スタッフ

原作
宮澤賢治
原案
ますむら・ひろし
脚本
別役実
監督
杉井ギサブロー
プロデューサー
原正人
田代敦巳
撮影
小山信夫
音楽
細野晴臣
美術
馬郡美保子

出演者

ジョバンニ
田中真弓
カンパネルラ
坂本千夏
かおる
中原香織
ただし
渕崎ゆり子
ザネリ
堀絢子
マルソ
一城みゆ希
鳥捕り
大塚周夫
ジョバンニの母
島村佳江
カンパネルラの父
納谷悟朗
先生・学者
金田龍之介
燈台守
常田富士男