長靴をはいた猫

長靴をはいた猫

1969年 東映動画
カラー シネマスコープ モノラル 80分

解説

東映動画製作の長篇アニメーション。シャルル・ペローの童話をもとに、井上ひさしと山元護久が脚本を書き、ギャグ監修に中原弓彦こと小林信彦を起用した豪華な布陣で製作された、東映動画の代表作の一つ。井上ひさしと小林信彦が後に作家として知られることは言うまでもない。その特徴は愉快なギャグとアクションの連続にあり、教訓めいたメッセージが排除されている点にある。猫のペローが家を追い出されたピエールを助けて、国王の娘ローザ姫の婿に売りこむが、魔王ルシファがローザ姫に目をつけて、彼女を奪って城に監禁する。この姫の救出場面が大きな見せ場となる。高い城、その上にそびえる塔、周り階段、吊り橋などを用いた戦いに次ぐ戦い、朝日に溶けていく魔王、その光のなかを落下していくローザ姫とペロー。その二人を鳩の群が救い上げるという場面の連続は、アニメーションならではの醍醐味である。

スタッフ

原作
シャルル・ペロー
脚色
井上ひさし
山元護久
演出
矢吹公郎
作画監督
森康二
製作
大川博
音楽
宇野誠一郎
美術
浦田又治
土田勇

出演者

ペロー
石川進
ピエール
藤田淑子
ローザ姫
榊原ルミ
殺し屋
水森亜土
ネズミのチビ
水垣洋子
ネズミの首領
熊倉一雄
魔王
小池朝雄