太陽の王子 ホルスの大冒険

太陽の王子 ホルスの大冒険

1968年 東映動画
カラー シネマスコープ モノラル 82分

解説

メジャー・カンパニー=東映の参入は、わが国のアニメーションの製作に大きな変化をもたらした。長篇動画における初の色彩化、ワイド・スクリーンの導入などに連なるこの作品では、ゼログラフィ(原画をセルに直接転写するシステム)が全面的に採用された。もっとも、1965年頃から大量生産されたテレビ・アニメーションへと東映動画内における製作の比重が移りつつあるなかで、技術的な質の低下を懸念するスタッフの熱意もあり、企画から完成までに3年半が経過している。そのスタッフの一員である高畑勲(長篇初監督)宮崎駿(原画及び場面設計)は現在わが国を代表するアニメーション作家となっている。反体制的色彩の強いストーリー、少女ヒルダに見られる陰影あるキャラクターなど、このジャンルにおける物語の定型を大きく逸脱しており、ユーモアやギャグの希薄さをめぐる当時の批評からは、この作品が斬新な外観をまとって登場したことがうかがわれる。

スタッフ

脚本
深沢一夫
演出
高畑勲
作画監督
大塚康生
美術
浦田又治
場面設計
宮崎駿
原画
森康二
音楽
間宮芳生

出演者

ホルス
大方斐紗子
悪魔グルンワルド
平幹二朗
悪魔の妹ヒルダ
市原悦子
村の鍛冶屋ガンコ
東野英治郎
村長
三島雅夫