白い巨塔

白い巨塔

1966年 大映(東京)
白黒 シネマスコープ モノラル 150分

解説

一人の医学部助教授の教授昇進をめぐって展開される、大学内部の権謀術数の世界を大胆に描いた、山崎豊子の同名小説の映画化作品。発表当時、医学界に波紋を投じた小説であり、近年テレビドラマ化もされ、ふたたび話題を集めた。この映画化では脚本を橋本忍が担当し、1950年代独立プロダクション運動などの活躍で社会派として知られる、山本薩夫が監督にあたっている。「白い巨塔」=「大学医学部」の欺瞞性が、山本監督一流の巧みな語り口で小気味よく暴かれ、痛快な作品となっている。野心に燃える助教授を演じた田宮二郎の魅力も、この作品の成功を支えており、俳優として記念すべき作品となった。山崎豊子原作、山本薩夫監督の同系列の作品に『華麗なる一族』(1974)、『不毛地帯』(1976)がある。

スタッフ

原作
山崎豊子
脚本
橋本忍
監督
山本薩夫
製作
永田雅一
撮影
宗川信夫
照明
柴田恒吉
録音
奥村幸雄
音楽
池野成
美術
間野重雄

出演者

財前五郎
田宮二郎
東教授
東野英治郎
里見助教授
田村高廣
鵜飼教授
小沢栄太郎
菊川教授
船越英二
船尾教授
滝沢修
大河内教授
加藤嘉
今津教授
下条正巳
財前又一
石山健二郎
佐枝子
藤村志保
ケイ子
小川真由美