張込み

張込み

1958年 松竹(大船)
白黒 シネマスコープ モノラル 116分

解説

1955年「小説新潮」に掲載された松本清張の短篇小説を、橋本忍脚色、野村芳太郎監督で映画化した作品。東京でおきたピストル強盗事件の共犯者・石井の行方を追う警視庁捜査一課の若手刑事・柚木とベテラン刑事・下岡は、石井の昔の恋人・さだ子が住む佐賀市に向かい満員の列車に乗り込む。二人は銀行員の後妻となったさだ子の家の向かいの安宿で張込みを開始した。暑い夏の日々、年の離れた吝嗇な夫と先妻の二人の子どもの世話に明け暮れるさだ子の前に、ついに石井があらわれる。ドキュメンタリー・タッチのリアルな描写が緊迫感を盛り上げる。かつての恋人との再会によって、無気力な日常生活の顔から一変して、生き生きとした束の間の輝きを放つ女さだ子を演じた高峰秀子の姿が印象深い。松本清張原作・橋本忍脚色・野村芳太郎監督のトリオ作品としては他に『ゼロの焦点』『影の車』『砂の器』があり、いずれも話題を呼んだ。野村監督は多くのミステリー映画を手がけたが、松本清張原作のものでは他に『鬼畜』(1977)『疑惑』(1982)がある。

スタッフ

原作
松本清張
脚本
橋本忍
監督
野村芳太郎
企画
小倉武志
撮影
井上晴二
照明
鈴木茂男
録音
栗田周十郎
音楽
黛敏郎
美術
逆井清一郎

出演者

柚木刑事
大木実
下岡刑事
宮口精二
その妻
菅井きん
その長男
竹本善彦
横川さだ子
高峰秀子
その夫
清水将夫
犯人 石井
田村高広
主犯 山田
内田良平
高倉弓子
高千穂ひづる
その父
藤原釜足
その母
文野朋子