君も出世ができる

君も出世ができる

1964年 東宝
カラー シネマスコープ
モノラル 100分

解説

東京オリンピックの時代を背景に、外国の観光団を自社に引き寄せようとする観光会社の争いをユーモラスに描いた本格的なミュージカル・コメディ映画。演劇の興行を母体とする東宝ならではのミュージカルだが、お得意のサラリーマン喜劇の要素も加味されているのは興味深い。監督の須川栄三は、出世の希望に燃えるフランキー堺といつも優柔不断な高島忠夫というコンビを軸に据え、さらに益田喜頓といった芸達者をからませながら、よどみのない、厚みのある物語世界を生み出した。ダンスの振付、音楽の構成、舞台装置、編集などあらゆる面で本場ハリウッドのミュージカル・コメディを研究した様が窺えるが、作曲面では登場人物のキャラクターごとに曲調をくっきり使い分けるなど、細かい工夫が随所になされている。とりわけ、雪村いづみ扮する社長令嬢に導かれて、オフィスで事務員たちが繰り広げるダンスのシーンは出色の出来映えであろう。

スタッフ

脚本
笠原良三
井手俊郎
監督
須川栄三
製作
藤本真澄
撮影
内海正治
照明
高島利雄
録音
刀根紀雄
音楽
黛敏郎
振付
関矢幸雄
作詞
谷川俊太郎
美術
村木忍
竹中和雄

出演者

山川善太
フランキー堺
中井剛
高島忠夫
社長 片岡信吾
益田喜頓
娘 陽子
雪村いづみ
三田良子
中尾ミエ
服部紅子
浜美枝
大森課長
有島一郎
総務部長
藤村有広