大学の若大将

大学の若大将

1961年 東宝映画
カラー シネマスコープ モノラル 82分

解説

俳優加山雄三の代名詞とも言える東宝「若大将シリーズ」の第1作で、1971年までの11年間に17本が製作された。名優上原謙の長男という「芸能界のサラブレッド」としてデビューした加山は、明朗快活、スポーツ万能、歌や楽器もこなすというキャラクターで売り出された。流行のスポーツや音楽、若者風俗を取り入れたこのシリーズは彼を早速スターダムに押し上げ、挿入歌のレコードも軒並みヒットさせている。一方、そんな若大将にライバル意識を持ち、その恋路にいつも横槍を入れる登場人物「青大将」もこのシリーズの裏の人気者である。いつも若大将にみじめな敗北を喫するパターンではあるが、「青大将」を演じた田中邦衛に世の注目が集まるきっかけとなった。なおこのシリーズの原型は、昭和初期の松竹蒲田撮影所で、スポーツ万能スター鈴木伝明が主演した一連の「カレッジ物」であるとされている。

スタッフ

脚本
笠原良三
田波靖男
監督
杉江敏男
製作
藤本真澄
撮影
鈴木斌
照明
猪原一郎
録音
矢野口文雄
音楽
広瀬健次郎
美術
村木忍

出演者

田沼雄一
加山雄三
父 久太郎
有島一郎
祖母 りき
飯田蝶子
妹 照子
仲真千子
中里澄子
星由里子
団野京子
団令子
多湖誠
江原達怡
滝沢
土屋嘉男
石山新次郎
田中邦衛
野村社長
上原謙
同 夫人
久慈あさみ
植木屋半七
藤原釜足