おかしな奴

おかしな奴

1963年 東映(東京)
白黒 シネマスコープ モノラル 110分

解説

自ら「珍顔」を名乗り、戦後の落語界で爆発的な人気を誇った風変わりな落語家、三遊亭歌笑(1917~50)の短い人生を描いた東映作品。歌笑を演じた渥美清にとって、この映画は『拝啓天皇陛下様』(1963)やアフリカを舞台にした『ブワナ・トシの歌』(1965)と並んで「寅さん」以前の代表作と言えるだろう。監督の沢島忠は東映の中でも新しい世代に属し、中村錦之助(後に萬屋錦之介)主演の時代劇「一心太助シリーズ」(1958~63)など、フットワークの軽い演出で知られる。実在の歌笑はナンセンスな笑いを得意としたことで知られたが、沢島監督はあえてこの落語家の生涯を、滑稽な笑いばかりでなく、夫婦愛を軸にそこはかとない哀しみを込めて描いている。やがて名作『飢餓海峡』(1964)を執筆することになる脚本家鈴木尚之や、数々の黒澤明作品に音楽を提供した作曲家佐藤勝など、スタッフ陣の豪華さでも注目に値するだろう。

スタッフ

脚本
鈴木尚之
監督
沢島忠
企画
園田実彦
吉田達
撮影
藤井静
照明
原田政重
録音
小松忠之
音楽
佐藤勝
美術
北川弘

出演者

三遊亭歌笑
渥美清
おひさ
三田佳子
春藤ふじ子
南田洋子
歌笑の父 高水為吉
加藤嘉
歌笑の母 やす
清川虹子
藤田三吉
田中邦衛
兄弟子 しゃもじ
佐藤慶
三遊亭金楽師匠
石山健二郎
円八師匠
十朱久雄
あんま宅悦
渡辺篤
とん平
春風亭柳朝