本日休診

本日休診

1952年 松竹(大船)
白黒 スタンダード モノラル 97分

解説

井伏鱒二の同名小説と「遥拝隊長」の二つの短編をもとに、ベテランの斎藤良輔がシナリオを書いた風俗喜劇。ある町の老医師・三雲八春は、院長を甥の伍助に譲って一年目。今日は本日休診の札を掲げて、院長を始め看護婦たちを慰安旅行に出してやった。そんな居残りの彼のもとに、次から次へと突飛な事件が舞い込んでくる。新人・三国連太郎が演じた、戦地で頭に負傷したことから発作的に軍隊時代に逆戻りする青年の姿は、見るものに強い印象を残す。監督の渋谷実は、松竹で成瀬巳喜男や五所平之助らの助監督を務め、戦後獅子文六原作の風俗喜劇で監督としての地位を確立、『現代人』(1952)など社会派ドラマでも知られる。ドライな感覚に鋭い風刺を盛り込んだ作風は、この群像喜劇にも存分に活かされている。

スタッフ

原作
井伏鱒二
脚色
斎藤良輔
監督
渋谷実
製作
山本武
撮影
長岡博之
照明
小泉喜代司
録音
大村三郎
音楽
吉沢博
奥村一
美術
浜田辰雄

出演者

三雲八春
柳永二郎
津和野加吉
鶴田浩二
お町
淡島千景
津和野悠子
角梨枝子
湯川春三
佐田啓二
勇作
三国連太郎
滝さん
岸恵子
豊子夫人
市川紅梅
湯川三千代
田村秋子
竹さん
中村伸郎
お京
長岡輝子
松本巡査
十朱久雄
兵隊服の男
多々良純
三雲伍助
増田順二