赤穂浪士

赤穂浪士

1961年 東映(京都)
カラ- シネマスコープ
モノラル 151分

解説

「忠臣蔵」あるいは「赤穂浪士」は、時代劇映画の中でも特別の位置を占めている。初めて映画となったのは、一説によれば1907(明治40)年12月に公開された『忠臣蔵五段目』、十一代目片岡仁左衛門の襲名を記念して撮影されたもののようである。これ以降、1994年の『四十七人の刺客』(市川崑監督)と『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(深作欣二監督)まで膨大な数の「忠臣蔵」が作られてきた。映画製作会社にとっても、「忠臣蔵」はその発展ぶりを示す格好の題材であった。歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」をもとに、講談における義士銘々伝、浪曲における本伝、外伝など長い大衆芸能の伝統の中で、場面場面は洗練されており、個々の役柄に芝居の見せ場が用意されているからである。この『赤穂浪士』は、両御大と呼ばれた片岡千恵蔵、市川右太衛門、さらに大河内伝次郎、月形龍之介といった戦前からの時代劇スターに、登り坂の若手俳優を配して製作された東映の創立10周年記念映画である。

スタッフ

原作
大佛次郎
脚色
小国英雄
監督
松田定次
製作
大川博
撮影
川崎新太郎
照明
山根秀一
録音
東城絹児郎
音楽
富永三郎
美術
川島泰三

出演者

大石内蔵助
片岡千恵蔵
脇坂淡路守
中村錦之助
堀部安兵衛
東千代之介
浅野内匠頭
大川橋蔵
上杉綱憲
里見浩太朗
柳沢出羽守
柳永二郎
立花左近
大河内伝次郎
清水一角
近衛十四郎
堀田隼人
大友柳太朗
吉良上野介
月形龍之介
千坂兵部
市川右太衛門