名もなく貧しく美しく

名もなく貧しく美しく

1961年 東京映画
白黒 シネマスコープ モノラル 129分

解説

木下恵介監督の下でシナリオの修行を積み、助監督を務めた松山善三の第一回監督作品である。聾唖学校の同窓会で出会い、結ばれた道夫と秋子は、貧しいながらも身を寄せあい、懸命に生きている。やがて夫婦には子どもが生まれ、暮らしも落ち着きかけたが、素行の悪い秋子の弟に、金の問題で繰り返し悩まされる。絶望した秋子を電車の窓ガラス越しに道夫が励ます姿は、手話によって二人の絆が語られる美しい場面であり、印象深い。本作は、松山が自らの監督デビュー作として準備してきたもので、「靴磨きの聾唖者夫婦」という設定に松竹は難色を示したが、東宝のプロデューサー藤本真澄の判断で映画化が実現した。同年の毎日映画コンクール、ブルーリボン賞の脚本賞を受賞するなど高い評価を受け、興行的にも成功した。「高峰秀子の夫」というイメージがあった松山は、本作によって一躍映画監督として確固たる地位を築いた。

スタッフ

脚本・監督
松山善三
製作
藤本真澄
角田健一郎
撮影
玉井正夫
照明
石井長四郎
録音
長岡憲治
音楽
林光
美術
中古智
狩野健

出演者

片山秋子
高峰秀子
夫 道夫
小林桂樹
秋子の母 たま
原泉
秋子の姉 信子
草笛光子
秋子の弟 弘一
沼田曜一
道夫の母親
賀原夏子
道夫の叔父
織田政雄
秋子の息子 一郎
島津雅彦
5年生の一郎
王田秀夫
沢野洋服店主
多々良純
上野アキラ
加山雄三