蜂の巣の子供たち

蜂の巣の子供たち

1948年 蜂の巣映画部
白黒 スタンダード モノラル 84分

解説

清水宏監督は、自意識過剰なスター俳優を使ってメロドラマを撮っているよりは、子供や風景を自然のままに写しているほうがましだと考えていた。そんなこともあって、戦後、戦災孤児を引き取って自宅で面倒をみていたが、彼らを登場人物に何か作ろうと思いたち、蜂の巣プロを起こして、この作品を製作した。ひとりの復員兵が下関に降りたつ。帰る場所のない彼は、自分が育った非行少年の厚生施設「みかへりの塔」へ帰ろうと、広島、神戸と山陽道を歩いて行く。戦禍の後も生々しい街角や路上で、浮浪児たちや若い娘の引揚者、孤児を束ねている乱暴な男などと出会い、さらに旅を続けていく。全篇ロケーション撮影、俳優たちもすべて素人といった素朴さのうちに、朴訥としたこの監督特有の味わいと時代を見つめる目がある。

スタッフ

脚本・監督・製作
清水宏
製作同人
山本茂樹
関沢新一
林文三郎
撮影
古山三郎
録音
杉山政明
金谷常三郎
音楽
伊藤宣二

出演者

復員者
島村俊作
引揚者
夏木雅子
叔父貴という男
御庄正一
医師
伊本紀洋史
工場主
多島元
戦災児 晋公
久保田晋一郎
戦災児 豊
岩本豊
戦災児 義坊
千葉義勝