眠狂四郎殺法帖

眠狂四郎殺法帖

1963年 大映(京都)
カラー シネマスコープ
モノラル(濃淡型) 81分

解説

市川雷蔵の代名詞ともなった「眠狂四郎シリーズ」の第一作。原作は柴田錬三郎のベストセラー小説。ころびバテレンと武士の娘の間に生まれた混血児という出生の秘密をもち、虚無と孤独の影をひいて生きる剣士・眠狂四郎を、雷蔵が持ち前の端正な魅力を発揮して演じている。加賀前田藩・藩主による密貿易の事実を証する書状が隠された碧玉仏をめぐり、前田家の間者・千佐、藩主に裏切られ処断された銭屋五兵衛、銭屋を助ける陳孫らの暗闘が繰り広げられる。千佐に助けを求められた狂四郎もこの争いに巻き込まれていく。「眠狂四郎」はこれ以前にも1956~58年に鶴田浩二主演で製作されているが、『お嬢吉三』『濡れ髪三度笠』『手討』など数多くの作品で市川雷蔵とコンビを組んだ田中徳三監督が、雷蔵での映画化を熱望し本作が実現した。雷蔵はこの後、三隅研次、池広一夫監督らとともに眠狂四郎像をつくりあげていく。「眠狂四郎シリーズ」は1969年の『眠狂四郎 悪女狩り』まで12本が作られた。

スタッフ

原作
柴田錬三郎
脚本
星川清司
監督
田中徳三
企画
辻久一
撮影
牧浦地志
照明
中岡源権
録音
奥村雅弘
音楽
小杉太一郎
美術
内藤昭

出演者

眠狂四郎
市川雷蔵
千佐
中村玉緒
陳孫
城健三朗
(若山富三郎)
金八
小林勝彦
前田宰相
沢村宗之助
銭屋五兵衛
伊達三郎
僧 空然
荒木忍