伊豆の踊子

伊豆の踊子

1974年 東宝映画=ホリプロ
カラー シネマスコープ モノラル 82分

解説

青春小説の名作として知られる川端康成の同名作の映画化。田中絹代と大日方伝が主演した、五所平之助監督の松竹作品(1933)を第1回として、これまでに全部で6回映画化されている。踊り子を演じたのは、美空ひばり、鰐淵晴子、吉永小百合、内藤洋子らで、いずれもその時代の青春スターであった。本作の特徴は、五所作品と同じく、旅芸人たちの社会的な位置を明確にしている点にある。その視点はラストの印象的なストップモーションからも見てとることができるだろう。西河克己監督にとっては、1963年の吉永小百合主演作品に次いで2度目の映画化であった。山口百恵は1970年代のアイドル歌手で、絶大な人気を誇っていた。相手役となる一高生役は公募され、まだ無名だった三浦友和が抜擢された。この後二人は「百恵=友和」のゴールデンコンビとして12本の作品で共演し数々のヒット作を放ち、1970年代青春映画に大きな足跡を残すが、1980年に結婚。山口百恵は芸能界を引退した。

スタッフ

原作
川端康成
脚本
若杉光夫
監督
西河克己
製作
堀威夫
笹井英男
撮影
萩原憲治
照明
高島正博
録音
木村暎二
音楽
高田弘
美術
佐谷晃能
ナレーター
宇野重吉

出演者

かおる
山口百恵
川島
三浦友和
栄吉
中山仁
千代子
佐藤友美
のぶ
一の宮敦子
百合子
四方正美
おきみ
石川さゆり
よし子
宗方奈美
島屋
江戸家猫八
福田屋の板前
鈴木ヒロミツ
茶屋の老婆
浦辺粂子