華岡青洲の妻

華岡青洲の妻

1967年 大映(京都)
白黒 シネマスコープ モノラル 99分

解説

有吉佐和子の同名原作を、新藤兼人の脚本を得て増村保造が映画化した作品。日本初の麻酔薬の開発者として名高い、紀州の医師華岡青洲をめぐる母と妻の葛藤を中心に描いている。加恵は青洲の母お継に憧れて21歳で華岡家の嫁となった。京都で医学修行を積んでいた夫が帰国するのは3年後である。やがて、加恵をさしおいて、なにくれとなく夫の世話を焼く姑は加恵のなかでライバルとなっていく。嫁と姑のひそやかな対立をよそに、青洲はひたすら麻酔薬の研究に打ち込んでいった。動物実験の段階を終えて、人体を用い効果を試すべきときがきた。その時、自ら実験台になることを申し出たのは二人の女、母と妻であった。譲らない二人に、青洲は同じように薬を与えるのだったが…。増村保造はこの映画化に熱心で、企画会議で永田雅一社長に訴えて製作許可を得た。増村自身は、女の戦いを利用しつつ薬を完成させた華岡青洲に魅力を感じていたらしい。「キネマ旬報」ベストテン第5位。

スタッフ

原作
有吉佐和子
脚色
新藤兼人
監督
増村保造
企画
辻久一
撮影
小林節雄
照明
美間博
録音
大角正夫
音楽
林光
美術
西岡善信

出演者

華岡青洲
市川雷蔵
加恵
若尾文子
お継
高峰秀子
直道
伊藤雄之助
小陸
渡辺美佐子
加恵の乳母
浪花千栄子
お勝
原知佐子
下村良庵
伊達三郎