心中天網島

心中天網島

1969年 表現社=ATG
白黒 スタンダード モノラル 103分

解説

近松門左衛門の有名な人形浄瑠璃を映画化した、松竹出身の篠田正浩監督の代表作。篠田監督は学生時代より日本の古典芸能の研究を志していたが、この作品では、浄瑠璃の伝統性と20世紀芸術である映画との創造的な葛藤が結実している。その「新しい解釈」を示しているのが、例えば黒子の出現であり、監督夫人でもある岩下志麻の二役(遊女の小春、妻のおさん)であろう。中村吉右衛門演じる治兵衛が妻を捨てて遊女との情死行に至るまで、愛の情念が狂おしく燃える様を描くこの物語を脚本化するにあたり、監督は詩人・作家の富岡多恵子と作曲家武満徹の協力を仰いでいるほか、成島東一郎による撮影が、映画の空間に立体性を与えているのも見逃せない。アート・シアター・ギルド(ATG)との提携による低予算映画であったが、「キネマ旬報」ベストテンの第1位、監督賞、さらに女優賞も受賞している。

スタッフ

原作
近松門左衛門
製作・脚色・監督
篠田正浩
脚色
富岡多恵子
製作
中島正幸
撮影
成島東一郎
照明
奥山保雄
録音
西崎英雄
脚色・音楽
武満徹
美術
粟津潔

出演者

紙屋治兵衛
中村吉右衛門
治兵衛の妻おさん/遊女小春
 岩下志麻
孫右衛門
滝田裕介
太兵衛
小松方正
おさんの父五左衛門
加藤嘉
伝兵衛
藤原釜足
黒子の頭
浜村純
叔母
河原崎しづ江
お杉
左時枝
女将
日高澄子