けんかえれじい

けんかえれじい

1966年 日活
白黒 シネマスコープ 86分

解説

昭和初期、岡山から会津若松に移り住んだ暴れ者の硬派学生が、喧嘩に明け暮れながらも成長してゆく様を活写したおおらかな青春映画。若き高橋英樹が主人公を熱演しているが、爽快なアクションや乾いたユーモアの中に、ふと恋愛感情を覚えた主人公を通して豊かな叙情性が表現されている。山本直純による硬軟のメリハリが効いた音楽も、主人公の揺れ動く心理を的確に表していると言えるだろう。監督の鈴木清順は、日活時代に低予算、短い撮影期間による娯楽作品の量産体制、いわゆる「プログラム・ピクチャ-」の中で独特のシャープな作風を完成させ、解雇後はフリーの脚本や俳優としても幅広く活躍した。ラストシーン近くに、やがて2・26事件で処刑される国家主義者北一輝が登場し、戦争に突き進む日本の姿を暗示しているが、原作にはなかったこの設定は鈴木監督が発案したものだという。

スタッフ

原作
鈴木隆
脚本
新藤兼人
監督
鈴木清順
企画
大塚和
撮影
萩原憲治
照明
熊谷秀夫
録音
秋野能伸
音楽
山本直純
美術
木村威夫

出演者

南部麒六
高橋英樹
道子
浅野順子
スッポン
川津祐介
カフェーの女給
松尾嘉代
団長 タクアン
片岡光雄
金田
野田圭介
麒六の父
恩田清二郎
道子の母 ヨシノ
宮城千賀子
マンモス先生
加藤武
アヒル先生
浜村純
近藤大尉
佐野浅夫