独立愚連隊

独立愚連隊

1959年 東宝
白黒 シネマスコープ
モノラル 108分

解説

成瀬巳喜男、マキノ雅裕らに師事した岡本喜八は、デビュー作『結婚のすべて』(1958)で斬新な娯楽映画の旗手として注目され、翌年『独立愚連隊』を世に送る。太平洋戦争末期の北支戦線を舞台に、独立愚連隊と称する前線の哨隊で命を絶った弟の死に不審を抱いた元軍曹が、従軍記者に扮して部隊に潜入、事件の背後に潜む上官の不正を暴きだす。シナリオ作家協会賞を受賞した自作の脚本をもとに、西部劇のエッセンスをパロディとして活かしながら、日本映画の伝統には見られない活劇調の戦争映画を作り上げた。終戦時に予備士官学校に籍を置いていた岡本の戦争に対する屈折した思いが、アクション映画の意匠から滲み出てくる。日本人ばなれしたバタ臭い魅力を放つ佐藤允を主役に、中丸忠雄、中谷一郎、ミッキー・カーチスら個性派俳優、鶴田浩二や三船敏郎が各々ユニークな役どころを演じ、痛快な娯楽作を盛り立てている。本作のヒットにより、「独立愚連隊」はシリーズ化され、その後、岡本は大作『日本のいちばん長い日』(1967)を手がけることになる。

スタッフ

脚本・監督
岡本喜八
製作
田中友幸
撮影
逢沢讓
照明
西川鶴三
録音
渡会伸
下永尚
音楽
佐藤勝
美術
阿久根巖

出演者

従軍記者 荒木こと大久保軍曹
 佐藤允
慰安婦 トミ
雪村いづみ
馬賊 亜東
鶴田浩二
大隊長 児玉大尉
三船敏郎
軍旗旗手 丹羽少尉
夏木陽介
馬賊の娘 小梅
上原美佐
独立90小哨兵長 中村
 江原達怡
指揮班長 酒井曹長
南道郎
独立90小哨哨長 石井軍曹
 中谷一郎
副官 橋本中尉
中丸忠雄
運転手
ミッキー・カーチス