総務省では、第5世代移動通信システム(5G)及び次世代放送システム(4K・8K)の早期実現や、あらゆる「モノ」がネットワークにつながるIoT等の新たな電波利用ニーズの拡大に対応するため、電波有効利用の推進を目的とした「電波資源拡大のための研究開発」を実施しています。
この度、平成28年度に終了した6件の研究開発課題の成果について、実機やパネル展示等の成果展示及び研究開発代表者から成果発表を行うとともに、研究成果の更なる利活用方策等について研究者や関係者が意見交換を行います。

フロアマップ

開催概要

主催
総務省
開催日時
成果展示
平成29年5月24日(水)~26日(金)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
成果発表
平成29年5月26日(金)13:30~16:00
開催場所
東京ビックサイト 西1ホール(ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017展示会場内)
アクセス
りんかい線 「国際展示場」駅より徒歩約7分/ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅より徒歩約3分
詳細は東京ビッグサイトのWebサイトをご覧ください(別ウィンドウで開きます)。http://www.bigsight.jp/

プログラム

成果展示

開催日時
平成29年5月24日(水)~26日(金)
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
開催場所
東京ビックサイト 西1ホール(ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017展示会場内)

平成28年度に終了した6件の研究開発課題における成果の一部を展示します。(出展場所についてはこちら

成果発表

開催日時
平成29年5月26日(金)13:30~16:00
開催場所
東京ビックサイト 西1ホール(ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017セミナー会場3内)
時間 次第/研究発表テーマ 発表者(※)
※括弧内は共同研究機関
13:30-13:35 開会の挨拶(総務省)
13:35-13:40 来賓挨拶
13:40-14:00 研究発表1:
「高信頼・低遅延ネットワークを実現する端末間通信技術の研究開発」
日本電気株式会社
14:00-14:20 研究発表2:
「移動通信システムにおける三次元稠蜜セル構成・階層セル構成技術の研究開発」
ソフトバンク株式会社
14:20-14:40 研究発表3:
「140GHz帯高精度レーダーの研究開発」
パナソニック株式会社
(京都大学、慶應義塾大学、電気通信大学、兵庫県立大学、立命館大学)
14:40-15:00 (休憩)
15:00-15:20 研究発表4:
「狭帯域・遠近両用高分解能小型レーダー技術の研究開発」
電気通信大学
(住友電気工業株式会社)
15:20-15:40 研究発表5:
「超高精細度衛星・地上放送の周波数有効利用技術の研究開発」
日本放送協会
15:40-16:00 研究発表6:
「次世代衛星移動通信システムの構築に向けたダイナミック制御技術の研究開発」
ソフトバンク株式会社
(国立研究開発法人情報通信研究機構)

参加方法

お申し込みはこちら

成果発表会場への入場には事前にワイヤレス・テクノロジー・パーク2017への来場登録が
必要です。下記のテキストリンクまたは右のバナーよりお申し込みページへお進みください。
https://www.wt-park.com/2017/

お申し込みはこちら
5月26日(金)開催の成果発表への
聴講登録はこちら

また、5月26日(金)開催の成果発表へは別途聴講登録が必要となります。
下記テキストリンクまたは右のバナーよりお申し込みページへお進み下さい。
成果発表は定員になり次第受付を終了させていただきますので、ご了承下さい。
https://www.omc.co.jp/denpa2017/input.html

同時開催

「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」「ワイヤレス・ジャパン2017/ワイヤレスIoT EXPO2017」「運輸・交通システムEXPO2017」「ドローンソリューション&技術展」が同時開催されます。こちらも是非ご参加下さい。

<お問い合わせ先>
「電波資源拡大のための研究開発」第10回成果発表会 事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル8階 株式会社オーエムシー内 担当:軽米 白石
TEL:03-5362-0117 FAX:03-5362-0121 E-mail:denpa10th@omc.co.jp